親父を加速させるメディア

OYAJILOG|日常をワクワクさせるモノと体験

マツコの知らない世界で紹介された絵本5選!意外な作品がランクイン

マツコおすすめ絵本

https://kaipurpose.com

マツコの知らない世界で絵本が紹介されていたので興味深々に妻と見入ってしまいました。

 

マツコさんにプレゼンしていた内田早苗さん(主婦)はこれまでに1500冊以上もの絵本の読み聞かせをおこなう絵本講師。

 

どのような絵本が紹介されていたのか気になる人も多いのではないでしょうか?

 

かいぱす
ではさっそく絵本を紹介していきます。

 

マツコの知らない世界で紹介されていた絵本

紹介された絵本一覧

  • これはのみのぴこ
  • おいしいおと
  • オニのサラリーマン
  • パンツのはきかた
  • あなたがとってもかわいい
かいぱす
オニのサラリーマンをさっそく購入しました(´・ω・`)

 

絵本「これはのみのぴこ」

谷川俊太郎の作品で、こどもが読んだら思わず人に話したくなる作品が「これはのみのぴこ」です。

 

「これはのみのぴこ」からはじまり

 

「これはのみのぴこのすんでる ねこのごえもん」

 

「これはのみのぴこのすんでる ねこのごえもんの しっぽ ふんづけた あきらくん」・・・

 

絵本のページをめくる度言葉がどんどん積み重なる面白さ。

 

絵本を読み終えたこどもが暗記して披露するほど。

 

対象の目安

3歳から小学校低学年ほどまで

 

かいぱす
言葉遊びの絵本としておもしろくて僕もきにいっている1冊

 

絵本「おいしいおと」

作者である三宮麻由子さんの食感の音に特化して描いた作品が「おいしいおと」です。

 

食事の見た目や美味しそうなにおいではなく、食感を音で楽しむという新しい視点で描かれています。

 

幼いころに視力を失った三宮さんならではの表現に、なぜかとっても美味しそうに聞こえる不思議。

 

対象の目安

3歳から小学校低学年ほどまで

 

かいぱす
食事まえに「おいしいいおと」を読み聞かせてみるのがおすすめ!

 

絵本「オニのサラリーマン」

地獄カンパニーに勤めるサラリーマンのオニが主人公の「オニのサラリーマン」

 

金棒と愛妻弁当片手に出勤してるんです。満員バスに揺られながら。。

 

作者富安陽子さんのセンスが光りすぎですね。設定も個人的にはすごく好きな作品。

 

対象の目安

3歳から小学校3年生ほどまで

 

かいぱす
お父さんオニの頑張る姿をこどもと一緒に楽しめそう!

 

続編もありました

 

絵本「パンツのはきかた」

女優の岸田今日子さんが作者の「パンツのはきかた」

 

かわいいぶたの女の子がパンツをはくという1歳のこどもでも楽しめる作品です。

 

1つ1つの動作とぶたの女の子の言葉に思わずほっこりしてしまいます。

 

一生懸命パンツをはけたのに裏返しだったという結末に子をもつ親ならクスっとしてしまうはず。

 

対象の目安

1歳から4歳ほどまで

 

かいぱす
トイレトレーニングを開始しはじめた頃に読んであげるのがおすすめ!

 

絵本「あなたがとってもかわいい」

みやにしたつやさんの作品はとっても「愛」の表現が豊かで個人的には非常に好きな作家さんです。

 

赤ちゃんの頃ももちろん可愛かった。でも大きくなった今のあなただって、あの頃とおんなじで可愛いんだよ。

 

「あなたがとってもかわいい」はすべての親が共感できるメッセージがわかりやすく表現されていて、読んでいてもグっときます。

 

かいぱす
大きくなったこどもに読み聞かせてあげると嬉しそうにするので是非お試しください。

 

マツコの知らない世界で紹介された絵本を読んでみよう

特にスタジオに来ていた小学生の息子さんが涙した「あなたがとってもかわいい」を大きくなった子供にぼくも読んであげたいと思いました。

 

照れるかもしれませんが(´・ω・`)

 

「雑誌、小説、漫画など違い絵本は一緒に読んで楽しめる」っていう言葉がとっても印象的で、ぼくもまさにその通りだなと思います。

 

いつでも子供に目をむけてあげられていないからこそ、絵本の読み聞かせの時間を今後も大切にしていきたいと思えました。

 

かいぱす
マツコの知らない世界を見逃した方も是非読んでみてください!

 

紹介された絵本一覧

 

こちらもおすすめ

おすすめ動く絵本の記事タイトル
「動く絵本サファリがすごい!」小学生以下の子供が目を丸くする驚く絵本

続きを見る

絵本ランキングタイトル
0〜1歳向けのおすすめ絵本5選!プレゼントやギフトにも最適!

続きを見る

  • この記事を書いた人

かいぱす

暇さえあれば3兄弟(6・3・2)が喜びそうなグッズや遊び場を探すのが趣味。また、お気に入りのスポットでテントを立てて非日常を味わう。

Copyright© OYAJILOG|日常をワクワクさせるモノと体験 , 2020 All Rights Reserved.